結婚式

特殊な漢字

更新日:

以前からブログに書いていますが、特殊な漢字のリクエストをちょくちょく受けます。

「ゲストの皆様に感謝を込めて」といいつつ名前が違っていたらあまり気持ちのいいものではありませんね。

前回や前々回のブログをみて画像がリンク切れになっているご報告(すいません)だとか、自作する際のご質問を受けたりします。忘備録代わりにもう一度アップします。

たいていはイラストレーターなどで文字をアウトライン化し、編集したのち画像としてロールさせれば簡単です。あくまでも文字としてではなく画像として扱う方法です。

撮ってだしエンドロールなどの時間がない場合はこの方法は使えません。間に合わないとシャレにならないのでゆっくりレンダリングしている暇はないからです。

この場合はFontForgeなどのソフトででフォント字体を改造する事になります。

ただしフリーフォントであっても、制作者が改編や編集を禁じている場合はこの限りではありません。其々の規約に従ってください。

おおむね画像として扱う場合は禁止されていないことが多いです。

よくお聞きするのはソフトの使い方ですが、イラストレーターやフリーハンドのようなベクター系のソフトが使えればそう難しくないです。

より詳しいサイトがたくさんあるので使い方はそちらに譲ります。

FontForgeはリナックスベースでのみ動作しますので、すぐには使えず若干の手間がかかります。動作させるためにはcygwin がインストールされていることを確認する必要があります。cygwin は、MS-Windows を、FontForge の実行には十分な程度に Unix のように見せかける環境です。

Cygwin の必要なすべてのビットを入手するのが FontForge のインストールで一番難しい作業のように思います。

時間は費やしましたが、無事編集も終わり編集ソフトでの動作を確認できました。間に合ってよかったです。

それにしてもこのシリーズだけでもかなりの珍しい漢字が出ましたが、次々に知らない漢字が出て来るものですね。

 

 

 

エンドロールはメビウスへ

-結婚式
-

Copyright© 結婚式の撮影はメビウスへ , 2018 All Rights Reserved.