トラブルになってからでは遅い!結婚式トラブルへの備えとは~国民生活センター

ゼクシィが調べたところ、全体の約8割のカップルが初回の見積もりに比べて最終見積もりが平均94.2万円アップしています。

おととし全国の消費生活センター等に寄せらせた「結婚式」についてのトラブルは1,600件を超えていて、そのうちの9割は「契約・解除」に関するもの。

結婚式を挙げる人なら絶対読んでおいた方がよい必読資料です。

『トラブルになってからでは遅い!結婚式トラブルへの備えとは―「キャンセル料」「打合せ不足」に関するトラブルが後を絶ちません―』独立行政法人 国民生活センター

80%の確実で当初予算を約100万オーバーするというのはもはや見積もりとは言えません。

さらに契約してしまうと基本的にキャンセル出来ません、出来たとしても高額なキャンセル料がかかります。

会場の提示した商品などについても選択肢が少なく割高な商品であってもしぶしぶ受け入れるしかありません。

また持ち込み禁止にしていることが多いです、必ず契約前に確認しましょう。

こうした現実をしっかり知る事と打ち合わせをしっかりした上で契約することが重要です。

皆さんの情報源であるゼクシイなどの結婚専門誌や結婚式関連サイトなどは基本的にその会場たちがスポンサーであるため悪い情報はまずお二人には提供されません。

アドバイスとしては友人などの口コミなど生きた情報を収集することをお勧めします。

お電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ